ベンツマーク校サッカー部の次なる挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

中体連サッカー大会

1/5ページ

この新人戦を終えて。

校章

試合を全く観ずに振り返ることはおこがましいのですが、試合結果、そして伺った試合展開からこの大会の感想をお話します。 大会を通して 区・支部を通して力の拮抗する相手との対戦が続きました。 初めの二つ、先制を許してからの逆転勝ちは立派だと思います。 ベンツマーク中学の伝統的なウィークポイントと言えるかも […]

区・支部の組み合わせを見て思うこと。(中学部・2020年秋)

校章

この大会、ここまでの組み合わせ。 区決勝トーナメントからは厳しい対戦の連続になっていると感じています。 これは次戦の相手、K城中学も同じことなのですが。 同じ山にTM大のような、力が一つ二つ抜けているチームがある場合はとても厄介だと思います。 一方、今回のように力が拮抗しているチームとの連戦も心身共 […]

支部の組合せが決まりました。(中学部・2020年秋)

校章

支部予選の初戦の相手はK城中学だそうです。 この後、楽な試合など一つもありません。 その一つ目が、たまたまK城中学になったいうことです。 今までとおり、しっかり勝ち切るだけ。 相手は前回の借りを返すつもりで臨んでくることでしょう。 気持ちで負けないよう。 令和2年度 東京都中学校サッカー秋季新人大会 […]

負けないチームへ。

校章

中学部の新人戦はこれから支部予選に移ります。 通常通りならば、おそらく4チーム1ブロック、2試合を勝ち抜けばと支部代表として都大会に出場できる流れではないでしょうか。 区予選は2次トーナメント1回戦を除けば、‘負けても次がある’という予選方式でしたが、この後は全試合負ければ終わりとなります。 わたし […]

新人戦区優勝です。(中学部・2020年秋)

校章

新人戦区決勝の結果が分かりました。 3-1で勝ったそうです。 2、3点目はコーナーからドンピシャだったそうです。 決める時にしっかり決める。 これが簡単ではない。 次は支部。 これからは一発勝負。 失点をしないこと。 気を引き締めて、必ず都に行こう。 優勝おめでとう。 がんばれ、ベンツマークイレブン […]

新人戦 区準決勝 勝ちました。(中学部・2020年秋)

校章

本日、新人戦区準決勝が行われました。 結果は、1-1 PK(5-4)の勝利。 K城中学に先制された後、後半終了間際に同点。 そのまま、PK戦にもつれ込んだようです。 この決勝トーナメント二試合の結果を伺ってわたしが注目しているのは、追加の失点をしていないこと。 切り替えがしっかりできていると思います […]

新人戦 区決勝トーナメント初戦 逆転勝ちです。(中学部・2020年秋)

校章

3-1の勝利。 不安がなかったと言えば嘘になります。 決勝トーナメント初戦で私立同士のつぶし合いになるなんて。 先制されてからの同点、逆転、引き離し。 今後の試合にも勢いをつける展開になりました。 おめでとう。 このまま全勝で通過しようね。 区決勝トーナメント初戦、勝ちました! がんばれ、ベンツマー […]

新人戦区決勝トーナメント初戦は延期です。(中学部・2020年秋)

校章

昨日の雨で、1次ブロックの試合が延期になったようです。 この結果を待って決勝トーナメントとなるため、本日予定された決勝トーナメント初戦も延期となりました。 区内強豪のW中学とあたる初戦。 わくわくしますね。 結果を楽しみにしています。 がんばれ、ベンツマークイレブン。

新人戦ブロック首位通過しました。(中学部・2020年秋)

校章

中学部新人戦の区1次リーグが終了しました。 無事ブロック首位通過となりました。 さて、決勝トーナメント。 お寄せいただきました情報では、初戦はW中学になったようです。 いきなりの対戦になりました。 次戦から決勝リーグとなり、トーナメント方式になります。 以前は区から3校が支部に進出出来ていました。 […]

新人戦初戦勝ちました。(中学部・2020年秋)

校章

中学部の新人戦が始まりました。 今夏の全中はこの騒動で中止。 今年になって初めての中体連の大会となります。 初戦はこの日曜日に行われたようです。 対戦相手は区内の公立校。 大勝だったようです。 区予選はブロックで絞り込んでトーナメントで区代表が決まります。 ベンツマーク中学は、ブロック戦では3試合全 […]

ベンツマーク中学サッカー部の対外試合は多いの?-中体連大会その2

昨日、ベンツマーク中学サッカー部における中体連の主催する大会の意味について、前回(その1)の末尾にお詫びと共に訂正追記を入れさせて頂きました。 「目標達成のための消去法として、中体連大会を重視している。」 読み直しているうちに、違うと思いました。 中学校としての部活動。 本道はやはり、日本の中学校ス […]

1 5