ベンツマーク校サッカー部の次なる挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

修学旅行が海外になるようですね。

久しぶりに学校のHPを覗いてみました。
修学旅行が海外になる旨の記事が掲載されていました。

`現高1は来年度の修学旅行でマレーシア・シンガポールを訪れます。そのために少しずつ、彼らには、「世界」と「世界の中での日本」に目を向けてもらいたいと思っています。’

若いうちに外の世界をのぞいてくることは、とても良いことだと思います。
色々な刺激を受けてくるのではないでしょうか?

わたしの初海外は社会人一年目、23歳の時。
今の時代からすれば、遅い初海外でした。
お気軽な観光旅行。
昼食を取ろうとマックに入りました。

共の分も含めて二人分の注文をすることに。
レジの前に並んでいるときからドキドキ。
メニュー表を出されて、コース1とコース2を1つずつ頼もうと指さしをしながら、`ワン、トゥゥー’ と注文。
コース1が2セット出てきた、本当に情けない思い出があります。

学生時代、英語は得意科目でしたが、こうも使えないと思いませんでした。
` 話す ’ことの大切を痛感した初海外でした。

27歳の時。
英→西→伊→和→墺→独と、研修目的でヨーロッパを回りました。

イタリアでのこと。
路線バスに乗っての移動中。
共の者のバッグに手を突っ込んでいる輩がいました。
それを咎めると、`俺は何も悪いことをしていない。バッグに手を入れただけだ。’と言っているようでした。

一方、ドイツでのこと。
夕食で持ち金を使い切ってしまいました。
同行者が複数名いたこともあり、帰りは街灯下人影のない道を何キロも歩いて帰ることに。
無事、宿泊先のたどり着きました。(運が良かっただけのことかもしれませんが)
治安や国民性の違いを強く感じた初西欧でした。

学習の延長にある旅行。
それも大切なのかもしれません。
それ以上に大事なのは `気づき’をもたらせてくれる旅行かもしれません。
この海外へ修学旅行が、より有意義なものになってくれることを心から願っています。

・・・しかし今思い出してもマックでの出来事は本当に情けなく、ドイツでの事は短慮な話でした。

がんばれ、ベンツマークイレブン。

nice!
↑1ナイス!
読み込み中...