ベンツマーク校サッカー部の次なる挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

彼。(2019夏)

八月になりました。
高三生の最後の夏が始まります。
今日は、ある部員のことを書きたいと思います。

初めてプレイを観たのは、彼が中ニの秋のこと。
人工芝に生まれ変わった、ベンツマーク校グラウンドで行われた秋の区の予選でした。

最後尾に位置する彼。
精悍、はつらつ。
一目観て、彼がこのチームのアンカー(錨)なんだと分かりました。
笑顔の似合う彼でした。

そして、高校部での活躍は間違いないものだとわたしは思いました。
しかし。
それからの二年と少し、彼は怪我と体調不良に悩まされました。

上板橋の私立校。
ここでは、多くの公式戦が行われます。
グラウンドから見ると、校舎練は1階分高い位置にあります。

わたしは正面校門からではなく、グラウンド横の出入り口から入場することが常。
そしてすぐ左の階段を校舎練に向かって上がる。
上がりきるとそこには多少のスペースがあり、そこはここに集まる多くのチームの荷物置き場となっています。

わたしは、そこに座っている彼の姿をよく目にしました。
チームメイトの荷物の番をするかのように、高い位置から彼らの練習を見守るかのように、彼は座っていました。

‘調子はどう?’

わたしにとって一人でいる彼はかえって話がしやすく、よくこう話しかけました。
答えは、決して芳しいものではありませんでした。
このまま彼は、縁の下の力持ちで終わってしまうのだろうか・・。

高三の春。
新高島平の都立校。
驚くことに、彼は最前列でグラウンドに戻っていました。

彼は満面の笑みでプレイをしていました。
この二年間を取り戻すかのように、満面の笑みでプレイをしていました。
またサッカーが出来る、試合に出れるという喜びが彼の姿には溢れていました。

試合後、彼はわたしの近くを通り過ぎるとふと脚を止め、話しかけに来てくれました。
サッカーを始めたばかりの小学生のように、嬉しそうに話してくれました。
良かった・・・。
本当に良かった。

わたしは、サッカーの神様はいるとこのブログで書いてきました。
この競技に真摯に向き合う選手には、必ずサッカーの神様は姿を現してくれる。
高三生の彼らが、最高の思いでやり切れることを願っています。

選手権予選前 最後の練習試合
8月11日(日)9:00キックオフ予定
対 都立T山高校
於 都立T山高校
選手権全都予選1回戦
8月14日(水)9:30キックオフ予定
対 都立O島高校
於 K沢補助競技場
中学部、高校部の保護者の皆様、そしてOB保護者の皆様、
選手たちへ、惜しみない声援をお願い致します。
がんばれ、ベンツマークイレブン。
nice!ナイス!
読み込み中...