ベンツマーク校サッカー部の次なる挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

夏の終わり、そして新たな一歩へ。(2019.8.21)

恐る恐る、サッカードットコムを開きました。
トーナメント表につく赤い棒線で結果が一目で分かる高体連のページは開けませんでした。

相手校のこの一年の戦績。
昨夏=全都予選ブロック決勝敗退、秋=新人戦地区優勝、関東大会都予選進出、今春=インターハイ地域予選ブロック優勝、都予選出場。
今大会の組合せを目にした時に、この相手が一番厄介だと思っていました。

仕事から戻り、高三保護者の方に連絡を取りました。
‘チャンスはあったのに残念でした。かなり競った試合だったので交代も一人だけでした。’

彼らのがんばりが目に浮かぶようでした。
高三の夏の選択は本当に難しいと思います。

この大会の出場を選んだ部員は二人。
一人は主将として二試合に先発し、高校最後となったこの試合は10番を背負いました。
一人は接戦となったこの試合には出場出来ませんでしたが、先の試合にはキャプテンマークを腕に巻いてタイムアップを迎えることができました。

先の試合後に、主将の彼に声をかけました。
満面の笑顔でした。
先の試合の終了時に、もう一人の彼のほっとした顔と続けて笑顔を見ることが出来ました。
両選手共に、その思いは遂げることが出来たのではないでしょうか。

2019年度生引退

イレブンのみんな、保護者の皆様、
六年間、感動をありがとうございました。
そして、本当にお疲れさまでした。

これからも、これからも、
がんばれ、ベンツマークイレブン。

追記.
この試合も校歌を歌ってくれたと聞きました。
校歌は、その予選会の初戦だけに歌うのが慣例でした。
夏は全試合、歌おうよ。
みんな、ありがとう。

nice!ナイス!
読み込み中...