ベンツマーク校サッカー部の2021年の挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

来夏に向かって。(2016.12.3)

秋は収穫の季節である。

中学部のイレブンたちは大きな実りを手に入れた。
新人戦都大会準々決勝。
3-7で敗れた。
彼らは何を手にしたのか。

都ベスト8まで勝ち進めたこと。
東京都の中学校数は800を超える。
全校にサッカー部がある訳ではない。
が、それでもそのうちの八校に残ったのである。

強豪相手に三得点したこと。
0-1よりも1-2よりも価値あるスコアである。
絶対に、間違いなく。
この時期であるならば、わたしはそう思う。

何故に七失点もしてしまったのか?
課題は多く残った。

 

秋は収穫の季節である。

彼らは自信と課題を得ることが出来た。
彼らは過信に陥らず、課題を克服していけるだろうか?

わたしは彼の言葉に確信した。
彼らの夏を楽しみとした。
試合後の整列時、彼は前をしっかり向いてはっきり言った。

‘今日の悔しさをバネにして、来年の夏に向かって頑張って行きます。
この後の応援も宜しくお願い致します。`

長年ベンツマーク校サッカー部を応援してきたが、負けてこんな挨拶をしたキャプテンの姿を初めて目にした。

帰り際、フェンスにもたれかかって座っていた彼に声をかけた。
‘夏、楽しみにしているよ。`
彼はすっと立ち上がって背筋を伸ばしこう言った。
‘ハイ。`

 

胸を張って欲しい。
君たちのサッカーは楽しく素晴らしい。
守りに入らず、前へ前へ進んだ君たちは素敵だった。

君たちの成長を誰よりも楽しみにしている。
本当にお疲れ様。
そしてありがとう。

 

がんばれ、ベンツマークイレブン。

 

nice!
↑2ナイス!
読み込み中...