ベンツマーク校サッカー部の次なる挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

ハカ。

ハカ(Haka)とは、本来ニュージーランドのマオリ族の戦士が戦いの前に、手を叩き足を踏み鳴らし自らの力を誇示し、相手を威嚇する舞踊である。 (ウィキペディアより)

わたしが初めてハカを目にしたのは、ラグビーニュージーランド代表「オールブラックス」の試合においてである。

ウィキペディアよると、オールブラックスによるハカの舞踊は1905年のイギリス遠征時に初めて行われたと言う。
ハカには、彼らの試合への覚悟とこの対戦を望んでくれた相手チームへの敬意が込められているそうだ。

 

昨日、「Next Goal Wins」という映画をビデオで観た。
サッカー国際Aマッチ史上、最多失点(対豪戦0-31)、FIFA万年最下位チームであったアメリカ領サモア代表チームがW杯予選において初勝利を収めるまでのドキュメンタリー映画。
(公式予告編: https://www.youtube.com/watch?v=_S4C2nQZlSA)

米国協会の派遣にて赴任したオランダ人監督のトーマス・ロンゲン氏が彼らにこう言い放つ。(0:55:40)

‘何度でも言わせてもらう。
選手たちよ、戦う心意気を見せろ。
勝つ方法は私が教える。
勝ちたいと示してくれ。
さぁ!’

そして同じポリネシア系民族である、彼らのハカが始まる。
そして監督。

’素晴らしい。
チビりかけたぞ‘ 

 

わたしもこんな姿を観続けたい。

 

がんばれ、ベンツマークイレブン。

 

nice!
↑1ナイス!
読み込み中...